塾講師で教える科目について
塾講師で教える科目について
教師と講師の違い
教師は都道府県が行う教員採用試験に合格をしないとなれないため、講師と比べるとハードルが高いことが現実です。教師は試験の競争率が高いために高い知識を持ってもなれないことが多く、契約社員や非正規雇用などで講師として学校や塾などで働く傾向があります。塾講師は教員採用試験に合格をしていないため、大学生がアルバイトとしてする塾もあるためにプロフィールを確かめて今後の目標に合わせて決めることが大事です。

教師は主に学校で正社員として働くため、講師と比べると給料や待遇などに大きく差があります。基本的に学習塾は講師によって指導を受ける傾向があり、志望校に合格をするためには自分に適した先生を見つけることが重要です。入学試験は難関校になると競争率が高く、塾で学ぶ時は新しいことを積極的に覚えることを意識して予習や復習がおろそかにならないようにする必要があります。

教師と講師の違いは教員採用試験に通っているか否かですが、学校で学ぶ時は前者になり塾の場合は後者にあたります。勉強をする時は目標を決めて成績を伸ばせるようにする方法を探し、予習や復習を欠かさずにして疑問点を解消し正確な知識を積み重ねることを意識して取り組むことが大事です。